FAUX/real

ファッションスタイリスト、編集者としての経歴を持つマリ・オオウチとファッションを勉強していた日系コロンビア人のルイス・ディチッコは、2000 年代初めにニューヨークのアンダーグラウンドパーティシーンで出会いました。お互いの目を見た瞬間に特別な閃きを感じ、共に創作活動を行うようになり、フォウ / リアル は 2010 年に誕生。
フォウ / リアルの普遍のインスピレーション源は女性と男性 (WOMAN&MAN)。日常生活の中、また創作のための特別な環境の中、インスピレーションを与えてくれる都市ニューヨークで作品は生まれます。重要なデザインの要素は疑問を投げかけること。それはあなたに問いかけるはずです。
2つの違うマインドが一つのビジョンへ
NYのデザインデュオによる FAUX/real はシンプルなジュエリーやオブジェクトを超えたものを制作しています。それはただのジュエリーではなくあなた自身が考え、語ることができるアイテムです。予測不可能なマテリアルは驚くべき気品とビジョンとともにアイテムへと変換されます。人々の視覚とマインドは彼らのコレクションを通してとても考え深く、ユーモアのセンスの中にお けるねじれを感じさせることにも挑戦しています。FAUX/real はアートとデザイン、ファッション、建築の間のクリアなラインに位置しています。そのどこにも属する必要はなくただその全てに満足できるものでありたいと考えています。
これらのフィールドで数々のコラボレーションを成功させ、また次の実験的旅へとむかいます …新しい FAUX/real へと