MAI-GIDAH

マイ-ギダウはガーナ系ベルギー人のアリ・アブダルラヒムによるロンドンを拠点とするコンテンポラリー メンズウェアのブランドです。
ベルギーでのファッション教育の恩恵を、また、アントワープシックスとベルギーのファションシーンの影響を受け、 ベルギーのセントニコラス美術アカデミーを卒業直後にマイ ギダウを設立。 コレクションは、 アリが在学中に得た知識と技術に、子供時代の感情と思い出がミックスされています。 小さな縫製アトリエを営んだ後にベルギーの映画衣装のアトリエで今も尚働いている彼の姉妹とともに ガーナで育った経験は、彼のデザインに見られるダイナミックなカッティングとテクスチャーと色の遊び に反映されています。
アリの美学は彼の文化と伝統に影響を受けています ; ガーナで生まれ育ち、ベルギーで生活、教育を受け、現在はロンドンをベースに。
アート、ファッション、建築におけるヨーロッパの習慣と慣例と伝統的なアフリカの文化が融合しており、 これらの文化の類似点と相違点が内面的な彼自身のルーツに反映しデザイナーへと導き、作品の表現力に深みと厚みを増しています。
マイ-ギダウのデザインはモダンでしかも個人の本質を表しています。 ゴールはコンテンポラリーとクラ シックの均整を見つけることです。 古いパターンのカッティングやデジタルに頼らない手法のビジュア ルなど新しい方法を開拓しながら、モダンなメンズスタイルに並ぶマスキュリンな伝統的な方法で新し い面白いシルエットを生み出そうとしています。 新しく実験的なパターンが開拓され、見た目はシンプ ルに見えても実際には構築的なシルエットは時間をかけたプロセスの結果です。 大胆なカッティングと ファブリック使い、エレガントなディテールを通しての洗練はコレクションで繰り返されるテーマです。
これらの全ての要素の統合がマイ・ギダウの核の部分クオリティ、クラフツマンシップ、実験と革新。