nine tailor

デザイナー:川野 樹一
2002年より、帽子ブランドメーカーにて、営業の傍ら帽子デザインについて知識、経験を積み、
2010年に独立。国内生産をベースに、一つのコーディネートとして普通に馴染むようにデザインされた帽子ブランド〈Nine Tailor〉を立ち上げました。こだわりは、普通だけど普通じゃない、少しだけアクセントを効かせること。帽子デザインの他、展示会やイベント用に什器を自作したりとクリエイティブな活動も行っています。

concept
シンプルで使い込むほど馴染んでいく、細部にも気を配った帽子を作ります。 新しい流れや、古くから継承されていくもの。 様々な要素や感覚、技術を取り入れ、また受け入れながら、少しづつ変化を楽しめる、そんな帽子を形に 残していきます。
“Nine Tailors make a man.”
『 仕立て屋は 9 人で一人前 』
『 一人前になるには 9 つのお店、仕立屋 (Tailor) が必要 』という二つの意味を持つこの言葉はイギリスの諺から引用

二つ目の “9 つのお店、仕立屋が必要 ” と言うところから その日に身に着けるもの <ジャケット シャツ パンツ 時計 クツ 靴下 カバン ベルト・・・>
その中でも 9 番目のモノとして その日のスタイリングの最後の一つとして この帽子を使ってもらいたい そんな意味が込められています。